未分類

ミサちゃんと仕事終わりにお出かけ1

ミサちゃんも勤務を終え、郡山駅で合流しました。ミサちゃんは「お疲れ様ー!大丈夫だったー?!」と第一声に明るい笑顔で話しかけてくれました。デリヘル勤務のお話を聞きたかったので個室のある居酒屋に向かいました。まず最初にビールで乾杯するとミサちゃんは美味しそうにビールを飲み干しました。追加でまたビールを頼むミサちゃんのほっぺはもううっすら赤く、お酒にそんなに強くはないみたいでした。「今日ユイちゃん初日の勤務ってことで、ちょっと心配してたんだー今日どうだった?」と聞かれ「お客さんがみんないい人で助けられたよー気持ち悪い人もいなかった笑」と答えました。「そうなんだ!よかった!中には正直気持ち悪いお客さんもいるから、無理な時は無理しないでね…!特に危険なのは、粘着質で執着心が強いお客さんだと思う!」とミサちゃんは語尾を強めました。「そうゆうお客さんはストーカーになってつけ回したりする危険性があるから、ちゃんとオーナーに報告してね…!そしたらオーナーがなんとかしてくれるから!ユイちゃん可愛いし優しいからミサすごく心配…!」と私の両手を強くつかんできました。「わかった大丈夫だよ。」そう答えると「本当?ユイちゃんみたいな可愛い子だったら私まで独占して他のお客さんにジャラシー抱いちゃいそうだから、そんなお客さんがいてもおかしくないって思うんだよね…!」と力強く言われ、ミサちゃんみたいな可愛い子にそんなことを言われて嬉しいような恥ずかしいような気持ちになりました。「ミサちゃんこそ可愛くて明るくて売れっ子だけど今まで大丈夫だったの??」と聞くと、「ん?私は大丈夫だよ!キレると怖いし私!だいたいの客はビビって逃げるんだ。」といたずらっぽく笑いました。「後をつけられたこともあるけど、警察呼ぶ前に撃退した!私小さいとき柔道も習ってたから」と得意げにミサちゃんは言いました。「え?そうなの意外だね…!ミサちゃんかわいいだけじゃなくて強くて本当に憧れるなぁ…」というと「照れるなぁ」と頬を赤らめ、「何かあったら助けに行くから言ってね!」と言ってくれました。

 

今日勤務が終わった後にふと疑問に思った「みんなはどんなプレイをしているんだろう」という疑問を、恥ずかしいけどミサちゃんに聞いてみることにしました。
「ミサちゃんにちょっと聞きたいことがあるんだけど…」そう切りだしてから「ミサちゃんのお客さんとのプレイってどんな感じでしてるのか、聞きたくて…。デリヘル嬢のみんながどうゆう風にしているのかって普通見れないから、今日の私のプレイのやり方で大丈夫なのか疑問に思ったんだ」というとミサちゃんは「分かる…!私も最初気になった!正直全部全力だと身体が持たないし、みんなどこまで全力でやってるんだろうっていうのも疑問だったなぁ。」「まず私の場合はどうしてるか最初から説明するね。」とミサちゃんは丁寧に説明してくれて、コツまで伝授してくれました。そのあと「ユイちゃんと3Pのオーダーがくれば実際に見せてあげられるんだけどなぁ」とミサちゃんが言うものだからお酒が気管に入ってむせてしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です