未分類

初出勤

昨日お店のホームページに「体験入店」「業界初」「新人」で掲載したところ。その郡山の大手のお店だったこともありあっという間に予約が埋まったそうで、出勤早々初勤務に決まりました。ホテルに向かい、部屋をノックすると若い男の人が立っていました。こんな人がデリヘル使うんだなぁと思うような風貌で、最初から汚いおっさんだったら正直辛いかもと思っていたので心の中でガッツポーズしました。「本当に今日初出勤の初勤務なので、もし失礼がありましたらすみません…!」と最初にお断りを入れました。お客さんは「全然大丈夫!ていうか俺が最初か!優しくするね!」と言ってくれました。最初に浴室に行き身体を洗うのですが、初対面を男の人の身体を洗うのは不思議な感覚でした。緊張している私を察してかお客さんはたくさん話しかけてくれました。話しているうちに緊張がだんだんとほぐれていくのが自分でもわかりました。優しいお客さんが最初でよかったと心から思いました。お風呂から上げると身体を拭きベットへ向かいます。何もわからなかったので全てお客さん主導でプレイが進んでいきました。初めて見る大人のおもちゃや初めて見るローションに戸惑っていると、お客さんから笑いながら可愛いねと言われました。何も変わらなくて申し訳ないなぁと思っていたのですが、お客さんは楽しそうにしてくれていて安心しました。フェラも自信がなかったのですが、お客さんから気持ちいいポイントやコツなどを教えてもらい、アゴや首が痛かったですが頑張ってお客さんがフィニッシュするまで続けました。「いろいろと初めてで戸惑ってばかりですみません…!また良かったらお誘い頂けると嬉しいです。」と言うと、「全然気にしなくていいよ!むしろ初々しくてすごく可愛かった!また呼ぶね!」と言ってくれました。会話の流れで今フリーで1年彼女ができないと言っていて、郡山が田舎で出会いがないと嘆いていましたが、本当に彼女がいないのが不思議な紳士なお客さんでした。デリヘルはたまに使う程度らしく、ラッキーな巡り合わせに感謝しました。

消毒を済ませ、身支度を整え次のホテルに向かいました。移動中ミサちゃんに「初勤務終わったー!めちゃくちゃいいお客さんで本当に救われたよー」っと送りました。ホテルに到着しドアを開けると40代くらいのお客さんでした。まだまだ緊張が残りますが、丁寧な仕事で未熟さをカバーしていけたらと思い心がけました。先ほどのお客さんが教えてくれたことを思い出しつつフェラも頑張ったところ、お客さんから気持ちよかったと言っていただきました。プレイが終わると少し打ち解けて、仕事の愚痴や家庭の悩みなども話してくれるようになり仲良くなりました。「ユイちゃんみたいに可愛くて愛想の良い子はなかなかいないからすごく満足したよ」と言ってもらえて少し自信がつきました。無事二軒目も終わり、気づくと結構アゴや首の疲れがたまっていて、最初に頑張りすぎたかも…とペーズ配分を初めてのことでいっぱいいっぱいでペーズ配分を考えていなかったなぁと反省しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です