パソコンも消耗品ですから当然寿命が存在します

パソコンの寿命

パソコンも消耗品ですから当然寿命が存在します。しかし、その寿命がどのくらいのものかは、意見が分かれるところで難しい問題でもあります。正直、パソコンには「あたり」「はずれ」がありますし、どのような使い方をしているのかによっても変わってきます。あるパソコンを1日3時間程度、インターネットやオフィスソフトを使っている程度であれば、3〜5年は十分持ちます。しかし、その同じパソコンでテレビやDVDを観たり、画像処理や動画処理などをするなどパソコンに負荷のかかる作業を1日に10時間も行っていたとしたら3〜5年は持たないと考えるのが妥当です。起動に時間がかかるからと何日もパソコンをつけっぱなしにするのは厳禁です。

パソコンを酷使していれば、そうでない場合よりも当然ですが、寿命が短くなります。このように、パソコンを1日平均で何時間くらい使用するのか、どういった作業を行うのかによってだいぶ変わってくるわけです。しかし、適宜メンテネンスを行うことで寿命を延ばすことはできます。数ヶ月に一度、デフラグを行ったり、あまり使わないソフトやファイルは外付けのハードディスクを購入してそちらに保管するなどして、パソコン内のハードディスクの容量を軽くしておくことで、寿命を5年以上にすることも十分可能です。






ネットで保険販売に経費がかからなくなったことでネット生保の割安な保険料の生命保険も結構簡単に見つけられます。生命保険の選択肢が結構簡単になりました。ライフネット生命のような保険会社が現れその安い保険を選ぶことができます。-

住宅ローンのことを考えてみましょう。簡単だと思うと失敗するのが住宅ローンについて家族で合意できるかということです。不動産金融関連の専門家に相談すれば住宅ローン後の生活といった経済的な問題も拍子抜けするほど何事もなく解決したりします。借りないといけない金額が幾らかなどの問題もありじっくり悩むべき問題なのです。住宅ローンは大変ですがマイホームです。-